女性ならではの悩み、デリケートゾーンのお手入れ。 | 女性のデリケートゾーンの臭いを改善|デリケートゾーンなび

alt_02

女性ならではの悩み、デリケートゾーンのお手入れ。

女性なら誰もが気になるデリケートゾーンのお手入れ。普段は見えない部位でも常に綺麗にしていたいと思うのが女心。だけど文字通り、「デリケートゾーン」はとってもデリケート。自己流のお手入れでは肌を痛めてしまい、綺麗にするつもりが逆効果になってしまうことも。場所が場所なだけに友人にも相談しにくいし、どうしたらいいの?と頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

締め付けるような下着、着けてない?

デリケートゾーンのトラブルでも特に気になるのが黒ずみ。黒ずみの主な原因と言われているのが、下着と肌が擦れ合うことで起きる摩擦によるもの。とは言っても下着を着けないわけにもいきませんから、選び方を考える必要があります。まず、体に合ったサイズの下着を選びましょう。きつすぎるものはもちろんNGですが、緩すぎてもいけません。自分の体にしっかりフィットするものを選ぶことが大切です。また、肌質に合った素材であるかも大切。特にアレルギー等ある場合は気をつけましょう。入浴以外のほぼ全ての時間肌に触れているものだからこそ、しっかり自分の体と相談して自分に合った下着を選ぶようにしたいですね。

間違ったシェービングは肌を痛めます!

もう一つ、黒ずみの原因で気になることと言えば、やっぱり脱毛。海や温泉などのレジャーや、パートナーとの大切な時間を過ごす時、デリケートゾーンのことが気になって思うように楽しめなかった経験がある女性も少なくないのでは?セルフケアの場合、清潔なシェーバーを使うことを心がけましょう。デリケートゾーン専用のシェーバーやシェービング剤も市販されていますので、未来の美への投資と思って導入してみてもいいと思います。更にオススメなのは、プロに頼むこと。脱毛サロンでの施術なら肌に負担が少なくより綺麗に脱毛出来ますし、カウンセリングの際にお手入れ方法も相談出来ますよ。

それでも防げないトラブルはどうしたら?

これまでは現在進行形のお手入れについてお話してきましたが、もう出来てしまった黒ずみはどうケアしたらいいのでしょう?実はワキやVライン等のデリケートゾーンは、メラニン色素の分泌が多い部分でもあります。メラニンと言えば、そう、日焼けの元となる物質です。人間の肌には再生機能(ターンオーバー)が備わっていて、通常1ヶ月程で新しい肌へと入れ替わります。その為、日焼けしてもしばらくすれば元通りになるのですが、デリケートゾーンの場合、分泌量が多いためにターンオーバーが追いつかず、黒ずみとなって残ってしまうというわけです。つまり出来てしまった黒ずみのケアには、ターンオーバーの促進が欠かせないのです。現在はそこに着目したクリームやサプリメントも続々登場していますので、それらを取り入れていきましょう。

まとめ

如何でしたか?デリケートゾーンについてもう諦めていた方も「まだ自分でも出来そうなことがたくさんある!」と、希望が湧いてきたのではないでしょうか。人間の体についての研究は今も進められていて、近い将来、ケアに有効なアイテムや技術が登場する可能性も少なくありませんし、何より、口にするものや体に触れるものに気を遣うことは、自分を大切にすることに繋がります。日々のケアを楽しんで綺麗な体を手に入れましょう。

オススメ記事

薬用イビサソープ

デリケートゾーンの匂いで悩んでいる人は、薬用イビサソープを使用する事で匂いを徹底的に撲滅する事ができます。美容専門誌や新聞などメディアで多数取り上げられており、海外セレブやハリウッド女優も愛用しています。

デリケートウォッシュオイル(ピーチジョン)

デリケートウォッシュオイル(ピーチジョン)は、気になるデリケートゾーンの黒ずみを解消する事ができます。汚れや古い角質を取り除くと共に、匂いの元となる汚れを除去する事で黒ずみや匂いを解消する事ができます。

TOP