デリケートゾーンのニオイの原因 | 女性のデリケートゾーンの臭いを改善|デリケートゾーンなび

alt_02

デリケートゾーンのニオイの原因

女性のデリケートゾーンのニオイは、気になっていてもなかなか人には相談しにくいことです。しかし、そのまま放っておくと大変なことになる可能性もあります。きちんと原因と対処法を知り、ニオイを改善していきましょう。

女性のホルモンバランスは崩れやすい

女性のデリケートゾーンのニオイが変わる原因には様々なものがあります。大きく分けると生理的な要因と、病気によって引き起こされた要因の二つがあります。生理的な要因としては、ストレスや妊娠前後、加齢などによる変化があります。疲労やストレスが溜まっている時には、ホルモンバランスが崩れがちです。また、妊娠や加齢もホルモンバランスを大きく変化させます。普段の状態だと子宮頸管粘液はドロッとしていますが、ホルモンバランスが変化すると水っぽくなり、おりものの量も増加します。増加すると、ニオイがキツくなりやすいのできちんと清潔に保つようにしましょう。

そのまま放置してはいけない汚れ

デリケートゾーンのニオイの原因として多いのが恥垢です。チーズのような匂いや酸っぱい匂いを感じる方が多いようです。トイレットペーパーや生理中のナプキン、タンポンなどで汚れがつきやすい場所です。汚れることは仕方のないことですが、そのまま放置をしないように気をつけましょう。この部分にはアポクリン腺という汗腺が多く点在しているので、放置していると匂いがキツくなります。また、雑菌が溜まり、皮膚トラブルや病気に発展する可能性もあります。専用の石鹸などのケア用品もありますので、毎日、お風呂に入る際にはきちんと洗うようにしましょう。

性病でもニオイがキツくなります

特に気をつけなければならないのが、性病や膣に傷が付いてしまった場合です。膣はとても柔らかく、デリケートな場所です。ナプキンで蒸れて皮膚が弱っていたり、爪などで傷がつく場合もあります。このような時に、雑菌等でおりものの量が増して、ニオイが強くなる可能性もあります。また、普段よりも格段にキツいニオイがしたり、おりものの色がいつもと違うなどの異変がある場合は、性病の感染を疑いましょう。このような変化を感じたら、放っておくことは非常に危険です。早めに病院で診てもらい、検査をしてもらうようにしましょう。

まとめ

デリケートゾーンのニオイは、女性の身体の変化を表しているバロメーターの一つです。清潔に保ち、雑菌を繁殖させないことを心がけるとともに、少しでもおかしいなと感じたら、すぐに婦人科で相談すると良いでしょう。

オススメ記事

薬用イビサソープ

デリケートゾーンの匂いで悩んでいる人は、薬用イビサソープを使用する事で匂いを徹底的に撲滅する事ができます。美容専門誌や新聞などメディアで多数取り上げられており、海外セレブやハリウッド女優も愛用しています。

デリケートウォッシュオイル(ピーチジョン)

デリケートウォッシュオイル(ピーチジョン)は、気になるデリケートゾーンの黒ずみを解消する事ができます。汚れや古い角質を取り除くと共に、匂いの元となる汚れを除去する事で黒ずみや匂いを解消する事ができます。

TOP