女性の気になるデリケートゾーンのかゆみ | 女性のデリケートゾーンの臭いを改善|デリケートゾーンなび

alt_02

女性の気になるデリケートゾーンのかゆみ

女性の多くが、デリケートゾーンのかゆみを一度は経験したことがあるでしょう。かゆみには様々な原因があり、放っておくと更に症状が悪化する可能性もあります。原因を突き止め、正しい対処をしていくことが大切です。

蒸れによるかゆみを改善させよう

デリケートゾーンは非常に蒸れやすい場所です。ストッキングや下着で毎日長時間締め付けている方も多いのではないでしょうか。この蒸れた状態が長時間続くと、皮膚に炎症が起きたり、雑菌が繁殖してかゆくなる原因となってしまいます。蒸れによるかゆみを改善するためには、普段から通気性を良くするものを着用するのが効果的です。タイトなパンツスタイルやストッキングでオシャレを楽しんでいる女性も多いですが、ゆとりのあるパンツやスカートに変え、ナイロンやポリエステルなどの通気性が悪い下着は控えるように心がけると良いでしょう。

ナプキンによるかゆみ対策をしよう

ナプキンもかゆくなる原因の一つです。ただでさえ蒸れやすいデリケートゾーンですが、生理中は常にナプキンをつけていなければならず、更に身体が敏感になる時期です。雑菌も繁殖しやすくなるので、長時間同じナプキンを付けたままにするのは絶対にやめましょう。汚れていなくても2、3時間程度を目安に交換すると良いでしょう。生理中以外はおりものシートを付けているという方も、同様にこまめな交換を心がけましょう。また、ナプキンそのものが身体に合わず、かぶれてしまう人もいます。このような時は、肌に優しい素材のナプキンや布ナプキンに変更してみると良いでしょう。

病気によるかゆみの場合はすぐ病院へ

デリケートゾーンがかゆくなる原因は性病である場合もあります。おりもののニオイや変化は病気に気付く目安にもなります。特に多いのが膣カンジダ炎です。白いカッテージチーズ状のポロポロしたおりものが出たり、普通とは違う強いかゆみを感じた場合は、この病気の可能性も高いです。ストレスや疲れ、体調不良など、抵抗力の低下が原因で起こることが多いです。この症状が現れた場合は、すぐに医療機関で検査してもらいましょう。治療をすると約1週間で改善します。しかし、再発を繰り返す女性も多いので、根気強く治療していきましょう。

まとめ

デリケートゾーンのかゆみの原因は様々です。なかなか人には相談しにくい悩みですが、いつもとは違う異変を感じた時はすぐに医療機関へ行って対処をしてください。放置して症状を悪化させないように気をつけましょう。

オススメ記事

薬用イビサソープ

デリケートゾーンの匂いで悩んでいる人は、薬用イビサソープを使用する事で匂いを徹底的に撲滅する事ができます。美容専門誌や新聞などメディアで多数取り上げられており、海外セレブやハリウッド女優も愛用しています。

デリケートウォッシュオイル(ピーチジョン)

デリケートウォッシュオイル(ピーチジョン)は、気になるデリケートゾーンの黒ずみを解消する事ができます。汚れや古い角質を取り除くと共に、匂いの元となる汚れを除去する事で黒ずみや匂いを解消する事ができます。

TOP