女性のデリケートゾーンがかぶれる時 | 女性のデリケートゾーンの臭いを改善|デリケートゾーンなび

alt_02

女性のデリケートゾーンがかぶれる時

女性のデリケートゾーンは、その名の通りデリケートです。そんなデリケートゾーンは、時としてかぶれてしまうことがあります。個人差もあると思いますが、私自身も経験がありまして、とても集中力を欠き不快な症状だと言えます。

誤ったお手入れは逆効果で注意が必要です。

デリケートゾーンは、デリケートな場所ですが、しっかりと手入れをしないと不潔につながりますので、お風呂やシャワーでもしっかりと洗浄されるなどのお手入れがされていますが、誤ったお手入れをする結果、かゆみなどを起こすケースもあります。例えば石鹸でごしごし洗うような場所ではないですが、石鹸をたっぷりつけて体を洗うのと同じような力配分で洗ってしまうと、デリケートゾーンの皮膚が順応できなくなるのです。もしくは利用する石鹸の種類によってもです。デリケートゾーンは、菌がたくさんある場所で、通常の体を洗う石鹸だと良い菌まで殺してしまうという危険性があります。すると悪い菌をやっつけてくれる良い菌がいなくなるので、菌によってかゆくて仕方なくなったりするんです。

汗の多い夏はとくにかぶれやすいです。

女性は下着を身に着けるだけでも通気性はとても悪く、汗の多い夏などは蒸れている状態が続くことになります。他の皮膚でも汗をかいて通気性が悪いと汗疹ができて痒くなったりというのはありえることです。デリケートゾーンも同じで、通気性の悪い中、通気性の悪いショーツやすっとキングなどを履く中で、余計に症状が悪くなります。外出などをしない生活ですと、蒸れてかぶれてきたら、ショーツを穿かずに過ごすのもいいでしょうが、仕事などしていてはそうもいきません。蒸れて痒くなり、さらに蒸れた状態でいるので症状が悪化してしまいます。パンツをはかないという選択は難しいと思いますので、通気性の良い下着を選ぶことが大切です。

疲労やストレスでもかぶれは起こります

身体が疲れたりストレスが溜まると、体の免疫力が全体的に下がります。そうなった時、ちょっとしたことでかぶれはおきます。例えば、性交もその一つです。元気な時は性交しても何の問題もないのですが、免疫力が下がっている時は、性交もどこか不快感をともない、性交後かぶれたりするのです。おそらく行為自体がデリケートゾーンが耐えるだけの元気さがない、またパートナーの菌に負けてしまうなどが原因だと思います。性交により疲労やストレスを吹き飛ばすという考え方もありますが、かぶれが起きるというのは体がSOSを出していると考えていいと思います。かぶれるとしばらく性交もできなくなります。痛みを伴い快感とは程遠いものになってしまうからです。

まとめ

女性のデリケートゾーンは複雑なつくりになっています。尿道や肛門も近くにあるので、衛生面でも気を遣わないといけない場所です。さらには通気性もわるく蒸れやすい場所です。そういう環境なら、悪い菌が繁殖する可能性も高い場所といえるでしょう。さらには生理などの減少も起こる場所でもあります。なので、ほかの部位と比べても優しく扱ってあげないといけない特別な場所なんです。

オススメ記事

薬用イビサソープ

デリケートゾーンの匂いで悩んでいる人は、薬用イビサソープを使用する事で匂いを徹底的に撲滅する事ができます。美容専門誌や新聞などメディアで多数取り上げられており、海外セレブやハリウッド女優も愛用しています。

デリケートウォッシュオイル(ピーチジョン)

デリケートウォッシュオイル(ピーチジョン)は、気になるデリケートゾーンの黒ずみを解消する事ができます。汚れや古い角質を取り除くと共に、匂いの元となる汚れを除去する事で黒ずみや匂いを解消する事ができます。

TOP